老後の安心を得られるメリットと気を付けるポイント

カテゴリ

ニュース一覧

2017年09月19日
入居者を集める為には?を更新。
2017年09月19日
余裕を持つ為には管理会社を利用を更新。
2017年09月19日
利益を出すためには知識を付けるを更新。
2017年09月19日
できるだけ失敗を避ける方法を更新。

アパート経営の注意点って?

父がアパート経営をしております。アパート経営をする中で最も危険な事が、家賃滞納からの夜逃げです。家賃を滞納し続けられると、経営側は法的手段を取るしかありません。これにもお金はかかります。その上で溜まった家賃を未払いのまま夜逃げされては失望します。滞納した家賃が貰えないだけならまだしも、夜逃げされた部屋はまるでゴミ屋敷と化しております。ゴミの片付け処分、部屋の復旧など、全て合わせると300万円掛かる事もあります。アパート収益の一年分が飛びます。こういった自体を招かない為にも、住人の選別は大切な事ですが、はっきり言って人は見かけで判断出来ません。
また、家賃をしっかり払っているのにも関わらず、出て行ってくれと追い出す事も出来ません。正直な所初めの選考書類がしっかりとした人だからといって、数年後の保証はありません。ですので、父はこのようなケースは運が悪かったと思い、300万を全て業者に頼むのでは無く、自分で出来る事は自分でするという決断をします。幸いにも父は大工の経験があり、道具も揃っているので、ある程度の事は自分で直します。自分に出来ない事を業者に頼んでいます。そのようにして、アパート経営で少しでもお金を残す方法を取っています。築20年以上になるアパートですので、もうとっくに元は取っていますが、潰すのにもお金がかかります。後は努力して少しでもお金に事が大切です。

アパート経営は老後の年金にプラスの収入が

老後の年金について、これから不安を持っている人が多いのではないでしょうか。
アパート経営は、老後の年金にプラスして収入が得られます。
ローンを組んで短期間で返済すれば、残りの期間は家賃収入がまるまる入ります。

アパート経営をする場合は、便利が悪い土地の場合は借り手がいないことも考えられます。
なので、専門の不動産会社に聞いて借りてが多いかどうか相談したほうがいいです。
アパート経営専門の不動産会社では、銀行とも取引があるので有利なローンについても相談にのってくれます。

相続対策についても、ローンを借りてアパートを経営したほうが有利な場合もあります。
自分ですべてやると、失敗するケースもあるのでプロに相談したほうが安定した収入が入ってきます。
家賃の集金や、トラブルに関しても委託することができる会社があります。

老後は、有料の老人フォームに入りたいという方でも収入があれば費用を払うことができます。
年金だけでは国の施設がいいですが、現在はいっぱいで待ち時間も多いです。
自宅で過ごす場合も、ヘルパーさんを呼ぶことが可能なので体が不自由になっても安心できます。
国で決められたサービスのみでは、足りないと思っている老人が多くいます。